手軽に起業するためのレンタルオフィスの使い方とは

レンタルオフィスの使い方

1990年代からこの国ではレンタルオフィスという形態のオフィスが流行ってきました。レンタルオフィスとは今まであった貸事務所とは違い、より手軽に借りることが出来るものです。貸事務所との一番の違いはレンタルオフィスは1か月単位や1週間単位で借りることができるのです。特に迅速性が要求される今の時代においてはレンタルオフィスはとても重要な役割を果たしているのです。 企業をする時には社員は誰もいない場合も少なくはありませんが、レンタルオフィスであれば1人で借りることも可能になります。例えば、40畳ぐらいある空間に1人用の空間を借りてブースで周りと仕切るというやり方です。この場合にはほかの会社と同じ空間を使うことになりますが、自宅で仕事をするよりも集中力が出ますし、何より仕事をしているという気分になりやすいのです。

バーチャルオフィスという形態

レンタルオフィスは時代に応じて様々な形に変化していきます。最近ではバーチャルオフィスが流行っています。このバーチャルオフィスは日本語にすると仮想の事務所という意味ですが、実際にその住所には働いている人はいないにも関わらず、住所だけを借りることが出来る形態です。例えば、東京都内でしかも23区内にある事務所は割と信頼されることから、地方や都心部郊外に事務所がある会社でも住所だけは都内の23区内にしておくことが出来るのです。 このようにバーチャルオフィスは便利ですが、その反面バーチャルオフィスのある場所に郵便物が届いたり宅配便が届いたりすることが起こるため、事務所に常時人を配備して、宅配便を受け取ったり郵便物を受け取り、それを実際に働いている人がいる会社に転送するサービスもあります。