他にもこんな使い方が

自宅兼用のオフィスでコストを節約

起業したばかりの人は、収益がしっかり出てくるまではオフィスを構えるのも大変なことです。通常のオフィスをレンタルするには賃貸借契約を結び敷金や保証金を支払い、毎月の家賃、管理費、光熱費などのコストがかかります。それに加えて自宅の家賃を支払うのは大変ですし、自宅とオフィスの移動のための時間も勿体ないですよね。 そのような問題を解決する方法があります。都心部などでよく見られるのはオフィスと自宅兼用の物件です。このような物件を希望しているエリアに見つけることができると色々なメリットがあります。時間とコストの節約が同時にできるので、特に1人で仕事をする人や、起業したばかりの人にはこのような物件を探してみると良いでしょう。

協業する会社や人と一緒にオフィスをシェアする

ある程度仕事が軌道にのってきたら、他のレンタルオフィスも検討してみましょう。レンタルオフィスは様々な契約方法があり、自分のその時に必要なニーズに合わせて選ぶことができます。使い方は人それぞれです。 例えばシェアードオフィスと呼ばれている形態は、一つのオフィスに複数の企業が入居する方法です。プロジェクト単位で複数の企業がその仕事に関わっている場合は、同じオフィスの中で一緒に仕事をしたほうが効率が良いので、このような形態はお勧めです。シェアードオフィスの利用方法は他にも色々な企業家の人とコミュニケーションをとれるオープンスペースを備えている場合があります。オフィスを共有することで新たな企業家との出会いに繋がりますので、メリットがあります。